2011年09月01日

第17期 昭和41(1966)年 入学

  KGB17期生の思い出と近況』
KGB60周年記念に寄せて) 
文責 森田 健(17期)

● 個性派の集りの17期生――入部1年目から目立つ連中が多かった 

 KGB17期生が入部した昭和411966)年は、いわゆる学園紛争走りの年と言えるでしょう。このあとの4年間に大学が大きく揺れ動くなどとは露ほどにも思わず、未来のアナウンサーや音響技術マン、放送作家などを夢見ていた連中も多くいたようです。

当時は、技術部、制作部、ドラマ部、アナウンス部、報道部の5つのパートに分かれており、新人は夫々のパートで怖〜い先輩の指導の下、練習に励み、一日も早いオンエアーを目指したのです。当時の局長は報道部の15期久保勝彦さんでした。

昼休みに中央芝生に放送されるニュースやドラマを聞く度に、本物の放送局みたいだと感心したものです。

↓ 次の2葉の写真がこの時代を象徴しているのでは・・・。
02・1966. S41 11月 KGB記念祭 旧局室前サテライトスタジオ.jpg
1966年11月、記念祭の日、KGB局舎前仮設オープンスタジオでは、ゆるい(?)DJ番組が・・・。
03・1967. S42 11月 KGB記念祭 学費値上げ反対討論会.jpg
翌67年には、同じオープンスタジオが学費値上げ反対!討論会の場にも・・・。

1年時の夏合宿は信州白樺湖でした。

初めての夏の合宿は白樺湖で、練習は厳しかったのですが車山高原へのハイキングや夜のスタンツが楽しく、強烈な印象として残っています。これが大学生の合宿なんだと妙に納得したものでした。

01・1966. S41 8月 白樺湖にて 報道部.jpg17期KGB現役時代園さん003.jpg

昭和41(1966)信州・白樺湖でのKGB夏合宿
昭和41年002.jpg41年白樺技術部001.jpg

ただ、我々1年生には男子部員に(以下も敬称略)河田、高野、三宅、金子、鈴木、谷口、安藤、山田、加藤ら自己主張の強い連中が多く、また女子部員(※旧姓)も山本、森山、谷水ら、個性派が多かったようです。
17期故谷口氏など船上.JPG
66年アナウンス部 左端から平岡、故足立、戸倉(15期)、山下(現春日夫人)、村(15期)、故谷口、伊藤、森山(現田中夫人)、谷水。
アナウンス部.JPG
集合写真当時の2・3年生も.JPG


2年時の夏合宿は、やはり信州の木崎湖で、まさに青春真っ盛りという感じでした。

 この年の局長は16期厚美直太郎さん。記念祭のオープンスタジオでは、DJやクイズ番組の放送の一方「学費値上げを考える」というテーマでの座談会など、硬派な番組も生放送する場面も見られました。KGBの模擬店は伝統の「コロッケ屋さん」で結構な人気でした。
img017 1967. S42 8月 KGB夏合宿 信州 木崎湖にて.jpg
1967(昭和42)8月 KGB夏合宿 信州 木崎湖にて

おなじく、黒部ダムへハイキング
img019 1967. S42 8月 KGB夏合宿 木崎湖 黒部ダムにて.jpg
img018 1967. S42 8月 KGB夏合宿 木崎湖 黒部ダムにて.jpg
1967. S42 8月  最終日夜報道部スタンツ.jpg
木崎湖での'67最終日夜は報道部スタンツ
S42年KGU創立78周年記念祭.jpg
昭和42(1967)年 KGU創立78周年記念祭でのひとこま

3年時からは学園紛争一色で、秋には分裂、消滅の危機もありました。

 17代局長に河田孝弥君が選ばれ、KGBも戦う放送局を目指すことになったのですが、信州蓼科湖合宿後、方向性の相違から半数近くが退部し、執行部も総辞職するという非常事態に陥りました。

そこで急遽、臨時執行部を作り、森田局長で河田路線を継承しながらも放送活動を縮小し、何とか次の年まで繋ぐという綱渡りの場面もあり、大学の紛争同様に、
KGBにとっても激動の時代でした。
17期S43年夏合宿蓼科高原 001.jpg
img009 1968. S43. 8月 KGB夏合宿 蓼科湖 日本ピラタスにて.jpg
S43年?蓼科高原 002.jpg

4年時は大学封鎖が続き、定期試験も大半がレポートに振り替えられました。

 局長に、今は亡き田代君が就任し、アナウンス部長にその後毎日放送で活躍する野村君が就任するのですが、部員減からパートを3部門(アクター部、技術部、報道部)に縮小せざるを得なくなり、放送局の活動もかなり停滞の時期が続いたのです。


福井県勝原での夏合宿 昭和44(1969)年8月
S44 8月夏合宿 福井 勝原にて.jpg
1969KGB夏合宿.jpg
ソフトボール大会.jpg
KGB恒例のソフトボール大会
S44 KGB夏合宿 福井 勝原 スタンツ田代君へインタビュー.jpg
最終日のスタンツは、故田代君へのインタビュー

 紛争の終焉と共にレポートのお陰で卒業出来た連中も多く、複雑な思いで社会に出て行ったのです。
ただ、我々の卒業式は中央講堂ではなく、中央芝生で催されたのでした。
1969. S44 9月 KGB 旧局室.jpg

17期生の近況は?・・・、続きを読む!クリック!!

 

続きを読む


posted by kgb60th at 09:22| ◎ 第17期 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。