2011年09月08日

第36期 昭和60(1985) 入学

KGB36期は、1985年4月の入学。 文責 金森啓(36期)

1966(昭和41)年生まれの「丙午世代」が現役組となった“少数精鋭の?”学年だったにも関わらず、数多くの個性派メンバーが揃いました
 

入学の1985年といえば、そう、バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発で勢いに乗り、阪神タイガースが日本一になった、あの年でした。
写真@ 19860730技術夏合宿打ち上げ.jpg
19860730技術夏合宿打ち上げ 
写真A 19860611お昼のOA中.jpg 
1986年6月11日「お昼のOA中にて

そんな昭和最後の、関西が元気だった頃に入学した彼らは、卒業の年には元号が「平成」に変わり、まさに新しい時代に社会人へと旅立っていった30人です。 

卒業後の進路も、テレビ大阪、九州朝日放送、奈良テレビ、四国放送と、4人がアナウンサーの道に進んだほか、今もなおエフエム802の第一線で番組を作り続ける者、ぴあに入社し、間寛平さんのアースマラソンを影で支える者など、マスコミ関係に多く就職した年でもありました。 

「小夜曲〜せれなーで〜」 1985年 番組発表会出品作品

企画:惣内(34期)、演出:仲川(34期) 出演:吉田(33期)、泉・遠藤(34期)、中田(35期)、佐々木・西村・金森(36期)

 卒業して22年がたち、銀行や生命保険、商社、メーカーなどに進んだメンバーも含め、そろそろ管理職と呼ばれる世代になりました。
 そんな中、今でも定期的に同級生で集まるなど、いつまでも仲のいい36期です。

36期の詳細は続きを読むをクリックしてください!
続きを読む


posted by kgb60th at 11:35| ◎ 第36期 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。