2011年09月09日

第38期 昭和62(1987)年 入学

総部放送局60周年おめでとうございます!   橿本一也(38期局長)

  

この長く続く歴史の中の一員としていられることに慶びを感じております。

 

局生活を振り返り、何より先ず思い浮かんだのは、

「よく飲まされた」ということです。

 

特に制作と報道パートの先輩からは激しく飲ませていただきました。


「ここは体育会系か」と思うくらい、毎回毎回、浴びるほど飲ませて

頂き、醜態を晒すこともしばしば。

 

その中で、必ず「苦」を共にしたのが同期のメンバーでした。


「苦」の夜を共に過ごしたことで、これまでの自分のことや将来の夢について

話していくうちに、同期の中での繋がりが出来、その後、執行部という大役

において、どんな壁も乗り越えられる「協同」の礎を築けたものと思います。

その意味で、きっかけを提供してくださった諸先輩には、今でも心より感謝をしております。

 

最後になりましたが、この先、70周年、80周年そして100周年とKGBの歴史が続いていくことを心より願っております。

以下やっと動画16分34秒をアップしました。どうぞDして下さい! 12秒から始まります。

第38期生制作 KGB紹介動画



posted by kgb60th at 08:48| ◎ 第38期 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。